関節痛が長引く場合はどうすれば良いのか?

関節痛が長引く時はどんな対処法を行えば良いのか?関節痛に悩んでいる方にご紹介いたします。 - 関節痛が長引く場合はどうすれば良いのか?

関節痛が長引く場合はどうすれば良いのか?

kansetsutsuu_hiza
関節痛は加齢と共に悩む人が増える症状で、今や若い人でもその辛さを訴える人は増えてきています。ついつい我慢してしまう痛みで放置してしまいがちなので、一度関節痛になってしまうとずるずるとそのままになってしまう人が多いです。まだ我慢できるような痛みであれば良いのですが、放置していたらいつの間にか歩くのもつらくなってきて、大好きだった外出が億劫になってしまったという人もいます。長引く痛みを感じた場合は早急に対応するべきです。

まずは、関節痛の原因を突き止めよう

まずは原因がわからないとどうしようもありません。関節痛の種類には主に「変形性関節症」と「関節リウマチ」がありますが、自分がどちらなのか判断できるでしょうか。その種類がわからなければ対処のしようがないのです。加齢と主に関節内の軟骨成分が減っていくことで生じる痛みは変形性関節症の痛みなので、すぐに治療というよりは日頃からのケアによって徐々に痛みを改善していくようになりますが、関節リウマチの場合は免疫異常が原因です。風邪やインフルエンザになった時に関節に痛みを感じるのと同じようなメカニズムで発生します。まずは免疫異常を正常な状態に戻さなければならないので、すぐに投薬などの治療することが必要になります。さらに、関節リウマチの場合は関節自体がだんだんと破壊されていきますので、放置しているといずれ寝たきりになってしまうような怖い病気です。「自分は大丈夫だ」と勝手に判断せずに整形外科を受診して医師の判断を待ちましょう。

症状改善のためには間違った対処は決してしないこと

医療機関を受診しなければならない理由は、間違った対処をしている人が多いからです。例えば、ひざの痛みを感じた時に「温める」のか「冷やす」のかすぐに判断できるでしょうか。日頃のケアとしては温めておくと良いのですが、炎症が起きている時はまずは炎症を抑えることが大切。冷やさなければなりません。炎症が治まったらまた温めておくことも大切なのですが、そのタイミングを自分で判断することは素人には難しいです。他にも装具を付けたほうが良い場合、投薬や手術が必要な場合など医師が判断しなければ自分では判断できないことも多々ありますので、しっかり医療機関で判断を仰いで、その指示に従うことが関節痛改善のための一番の近道になります。

リハビリも大切

軽くなった痛みに安心して、ケアをやめてしまうと元に戻ってしまいます。日頃からのケアを続けるようにしましょう。外側からのケアとしてはリハビリをおすすめします。痛みを感じる部分を使わないように、とにかく安静にしようとすると関節自体が強くなることはありません。何かがあればまた痛みを感じてしまいますので、適度にストレッチのトレーニングをして関節を強くすることが一番なのです。プラスアルファケアとして、食生活やサプリメントで軟骨成分の素であるグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などを摂取するように心がけましょう。

外出が嫌になる前に対処を!

関節痛の症状が起こることで、もともと外出することが好きな人でも出かけるのが億劫になってしまうことがあります。外に行って刺激を受けることは様々な良いことをもたらしてくれます。認知症予防や他の体の調子を整えるなど。外出しなくなることで認知症が一気に進行することもありますのでできるだけ今まで通りの生活ができるように対処をすることが大切なのです。

新着情報

◆2016/08/22
関節痛が長引く場合はどうすれば良いのか?の情報を更新しました。
◆2016/08/22
変形性関節症に効果的なサプリメント成分と使用の注意点の情報を更新しました。
◆2016/08/22
摂取してひざの痛みを楽にしよう!関節痛の改善に効果がある成分の情報を更新しました。
◆2016/08/22
早めの治療が必須!?関節リウマチの症状の情報を更新しました。
◆2016/08/18
プロフィールを新規投稿しました。